日本TA協会第34回大会

日本TA協会の第34回大会は、2022年6月18日(土),19日(日)の2日間、オンラインで開催します。そして、今回の大会では、日本TA協会のビッグ・プロジェクトとして、お二人の海外講師をお迎えします。まず、1日目は、基調講演者に2020年のITAAエリック・バーン記念賞受賞者であるキース・テューダ―(Keith Tudor)氏を迎え、交流分析(TA)の新たなアプローチである「コ・クリエイティブ TA」について学びます。また、2日目には、組織における教育実践の第一人者であるレイ・フーパ―(Rhae Hooper)氏に「交流分析(TA)を用いた組織におけるトレーニング」をテーマにワークショップをお願いしています。さらに、昨年 ITAA Service Award を受賞した門本泉氏による受賞スピーチも予定しています。
本大会のテーマは「コ・クリエイティブTA/共同創造のTA」です。コロナ禍の下でつながりが希薄になり、分断しがちな今だからこそ、対話によって協力し、新しい世界を創造していく必要があります。本大会も、参加者の皆様とともに、有意義な大会をCo-createしたいと思いますので、ぜひご参加ください。

日本TA協会第34回大会大会長 室城隆之

その他詳細は、公表され次第順次追記していきます。

大会テーマ

コ・クリエイティブ TA(Co-creative TA)/共同創造の交流分析

大会長

日本TA協会会長  室城 隆之

日程

2022年6月18日(土),19日(日) 2日間(6/18 10時開始~6/19 16時30分終了予定) 

プログラム概要

1日目 プログラム 担当講師他
10時~ 開会式・基調講演 Keith Tudor 氏(TSTA- P)
12時~ 年次総会 (会員の皆様はご出席ください)
14時~ ワークショップ Keith Tudor 氏(TSTA- P)
終了後 オンライン懇親会 (希望者のみ)
2日目    
10時~ ワークショップ Rhae Hooper 氏(CTA- E)
13時~ ワークショップ(続き) Rhae Hooper 氏(CTA- E)
15時20分~ ITAA Service Award 受賞スピーチ 門本泉氏(TSTA- P)
16時~ 閉会式  

※各プログラムの内容・講師紹介はリンクをタップしてください。

参加費

会 員:3,000円(ビッグ・プロジェクト会員優待特別価格)
非会員:8,000円
学 生:1,000円

基調講演 6/5(土)10:20〜12:00

Joining hands in each other: from the perspective of ITAA President.
(お互いに手を携えて-ITAA 会長の視点から)

 

氏のプロフィール

 

ソーシャルワーク学士、統合心理療法修士、TSTA(心理療法)

1980年に南アフリカからオーストラリアのシドニーに移住。1982年にロンドンに移り、メタノイア研究所でトレーニングを受けた後、シドニーに戻り、心理療法士、スーパーバイザー、トレーナーとして働いてきた。エラーナの南アフリカと移民の歴史は、「違いを持って生活し、働く」という課題を理解し、それに取り組むことへの彼女の関心と意欲を支えてきた。これにより、彼女は多くの国際文化と協力し、そこで働くようになった。ITAAでは、1985年からのメンバー。研究とイノベーションの副会長、およびトレーニング委員会と認定委員会の役割を果たしてきた。ITAAのコア哲学である「高い専門的基準と社会正義の問題への取り組み」が、ITAAを彼女の本拠地にしている。

ワークショップ① 6/5(土)14:00〜16:00

「自我状態と脚本~自分の中の自分・他者・世界とつながる~」

TAの目標である「自律性(autonomy)」は、「気づき」と「自発性」、「親密さ」の3つの能力が 自由に発揮されるようになることであるとされています。そのためには、まず自分に気づくことが 大切です。自分に気づくことで、自発的に選択し,他者と親密な関係を持つことができるようにな ります。このワークショップでは、TAのコア概念である「自我状態」と「脚本」を使いながら、 自分の中の自分・他者・世界とつながってみましょう。

講師 室城 隆之氏プロフィール

江戸川大学教授、心理学博士、公認心理師、臨床心理士
民間企業に勤務していた際、TAと出会い、自分の人生を自分で決めることができることに気づいたことから転職し、家庭裁判
所調査官として28年間非行・家族臨床に従事。その後現職に就き、大学教員として働きながら、再決断療法、ゲシュタルト療法
のワークショップを行っている。

 

大会2日目 ワークショップ② 初心者向け6/6(日)10:00〜12:00

「相手に届くストローク~つながりの視点から~」

世界中が COVID-19 の脅威にさらされる中、ストロークの大切さを実感しないという日はないの ではないでしょうか。直接会って、触れ合うことが当たり前のこととして行えない今、私たちはど のようにしてストロークを交換しているでしょう。「相手に届くストローク」ということを切り口 に、参加者の皆様とご一緒にストロークについて学んでいきたいと思っています。

講師 関 真利子氏プロフィール

成城大学学生相談室カウンセラー、CTA(心理療法)、公認心理師、臨床心理士
高校教師として 5 年勤めたところで、必要に迫られて大学院に進学、臨床心理学を学んだ。教師生活 10 年目の節目で、一度、
教職から離れることを決意し、公立中学校の SC、複数の大学の非常勤カウンセラーなどを経て現職。繁田 千恵先生に師事して TA を学び、大学生に対するカウンセリング、ワークショップなどを実施、NPO 法人における教師、看護師、カウンセラーの方た ちに向けた講座の講師を務める。

ワークショップ③ 中級以上向け6/6(日)10:00〜12:00

「関係性 TA と Co-Creative TA」

K.テューダーと G.サマーズが提唱している Co-Creative TA(共同創造 TA) は、関係性 TA に属 すると主張されていますが、共通する部分もありながら、異なる性格もあるように感じます。私の 臨床実践においては、その両方が大変役に立っています。当日は、Zoom で可能な形でワークショ ップをご一緒に創りましょう。

講師 島田 凉子氏プロフィール

人間総合科学大学大学院教授、CTA(心理療法)、医学博士、公認心理師 大学病院心療内科を経て、現在は、大学で教鞭を執りつつ、週1日心療内科クリニックで心理士を務めています。大学では、主
に臨床心理学、精神分析、TA を教えています。最初のスーパーバイザーは六角浩三先生、二人目が深沢道子先生、最後はヘレナ・ ハーガデン先生でした。今は、どのように人生の残りの時間を使うか、考えています。私は何がしたいんだろう?と。

 

大会2日目シンポジウム 6/6(日)13:30〜15:30

申し込み方法

2022年2月8日(火)午前0時、お申し込みが可能になり次第リンクが表示されます。

申し込み締め切りは6月13日までに入金が確認できた人まで

前回(第33回)大会のページ