お知らせ

「国際TA協会」の学術誌Transactional Analysis Journal 最新号に掲載の、キース・デューダー博士による「戦争 トランザクショナル グループ分析」日本語版が、2月末までの期間限定で掲載中。日本TA協会ならではの特別公開です。
「戦争」と題されたこの論文は、TAが個人分析のみならず、社会の仕組みや文化をどのように理解すればいいのかという視点を提供してくれています。また、社会的・文化的側面において、TAがどのように活用できるのかということについて、エリック・バーン博士のグループ理論を捉え直すことで、鮮明に描き出しています。

論文

前の記事

1月の研修案内