NPO法人日本TA協会 (Transactional Analysis Association of Japan : TAAJ)

大会・研修のご案内

  • HOME »
  • 大会・研修のご案内

研修のお知らせ

 

日本TA協会第31回大会 「感性を活かす」

~大会委員長からのメッセージ~

第31回大会でお会いしましょう!

交流分析(TA)は洗練された理論体系を持っています。理性的でもありますが、「直感」「気づき」など感性的なものも重視されています。感性とは感覚的で言葉に表しがたく、説明の難しいものではありますが、芸術や様々な技術をはじめ、日常生活、対人関係においても欠かせないものであります。普段仕事場面では、ややもすれば「説明」「論理」を偏重し、感性を切り捨ててしまうようなことが起こりがちです。今回は「感性を活かす」をテーマとし、体験を主とした、「感じる」時間を持ちたいと思います。自分の思考・行動・感情と身体的な感覚のバランスを見直す機会になれば幸いです。
基調講演では音楽療法士の久保田牧子先生をお招きし、音楽療法における感性の活用の例を扱っていただきます。TA講座では、TA理論とTAでの感性の扱いに関するTA講座1と、新しいTAの動向に触れるTA講座2を設けました。講座1はTAになじみのない方におすすめです。2日目は体験主体のワークショップ。参加者皆様に直感、センスを活かす体験をしていただき、体験を通して得たものを共有したいと思います。
皆様、第31回大会でお会いしましょう!

大会委員長 満山宏人(日本TA協会理事,こころのクリニックなります)

 

日時 2018年6月16日(土),17日(日)
場所 国際研究交流大学村 東京国際交流館 プラザ平成
メディアホール・会議室1・会議室2
東京都江東区青海2丁目2番地1号

プログラム
6月16日(土)
10:00 基調講演 「音楽療法と感性」 [メディアホール]
講師 久保田牧子(日本音楽療法学会認定音楽療法士 元 昭和音楽大学)
12:00 TAAJ年次総会(会員の方は御出席ください。) [メディアホール]
13:00 <昼食>
14:00 ※以下の中からいずれか一つを選択
TA講座① TAってなあに?  講師 森 陽子(新垣病院、CTA-P)
TA講座② 契約のマトリックスとその応用 講師 小川 邦治(西南学院大学、PTSTA-P)
17:00 パーティ(別料金となります)

6月17日(日)
9:30  ※以下の中からいずれか一つを選択
ワークショップ① コラージュ体験 講師 金丸 隆太(茨城大学大学院、CTA-P)
ワークショップ② 身体の声を聴く 講師 室城 隆之(江戸川大学、PTSTA-P)
12:00 <昼食>
13:00 ワークショップ③ 楽器グループ体験 講師 満山 宏人(こころのクリニックなります)
15:30 クロージングセッション

プログラム及び講師紹介
基調講演 「感性を活かす」
本大会テーマ「感性を活かす」ということについて、音楽療法の視点からご講演頂きます。音楽の持つ力とセラピストとクライエントのそれぞれの感性の働きがどのようなものか、臨床現場での事例を交えながらお話し頂きます。

講師 久保田 牧子 氏(くぼた まきこ)
元昭和音楽大学教員。東京学芸大学で音楽学を専攻し、卒論研究として音楽療法実践に携わった。北里大学東病院精神科の入院・外来・デイケアでのうつ病神経内科や、身体疾患領域の消化器内科・外科、および緩和ケアで音楽療法を行う一方、発達障害児の音楽療法にも取り組んでいる。現在は単科精神病院と国立病院神経内科での臨床を担当。日本音楽療法学会認定音楽療法士。
著書 「アートセラピー」日本文化科学社、「精神科領域における音楽療法ハンドブック」音楽之友社 など

TA講座1「TAってなあに?」
 この講座はTAをよく知らない、または初めてふれる方を対象とした入門編です。TAの哲学や基礎的な概念などについてお話します。TAの視点で自分自身を見る機会になればと思っています。新たなひらめきが得られるかもしれません。また普段自然と用いている感性をTAではどうとらえ、活かせるかにも触れられたらと思っています。

講師 森 陽子(もり ようこ)
国際TA協会有資格会員(心理療法)、臨床心理士。
琉球大学で新里里春先生に師事しTAを学ぶ。大学院卒業後は精神科病院や心療内科のクリニックなど
医療の現場に従事。現在も沖縄県の精神科病院、新垣病院に勤務。

TA講座2「契約のマトリックスとその応用」 ※会員の皆様へのニューズレター(vol.109)では「ワークショップ」と記載されているものです。
 この講座の目的は、「契約を身近で使えるものにする」ことです。TAは伝統的に「変化のための契約」を重視してきました。しかし、実際の援助場面では「変化」だけに焦点を当てているわけではありません。このワークショップでは、TAにおける「契約」を理解し、C.シルズによる「契約のマトリックス」を使ってより効果的な援助活動ができるようになることを目指します。

講師 小川 邦治(おがわ くにはる)
西南学院大学,国際TA協会准教授会員(心理療法)、臨床心理士、NPO法人日本TA 協会会長。
早稲田大学大学院にて故深澤道子早稲田大学名誉教授よりTA をはじめとする心理療法を学ぶ。1999 年より電機メーカー健康管理部門にて臨床心理士として職場のメンタルヘルス対策に携わった後、2015年4月より現職。

ワークショップ1「コラージュ体験」
 人類最古の芸術表現は何だったと思いますか? 洞窟壁画や装飾された石器など、長期間残りやすいものは数万年前のものが発見されていますが、残らない芸術もあったことでしょう。例えば石や葉、木の実や枝を並べて自分らしさを表現することは数十万年、数百万年の太古から老若男女が楽しんでいたかもしれません。コラージュの原点はそこにあります。選び方、並べ方の違いで自分の感性を自然に表現しましょう。

講師 金丸 隆太(かねまる りゅうた)
茨城大学大学院教育学研究科准教授、国際TA協会有資格会員(心理療法)、臨床心理士。
TAを子どもの心理療法に用いる訓練の一つとして、杉浦京子アーツセラピー研究所長より、コラージュ療法を学ぶ。現在、大学院で臨床心理学を教えるかたわら、スクールカウンセリング、大学附属臨床心理相談室で心理臨床実践を続ける。

ワークショップ2「感性を活かす−身体の声を聴く」
 TAの目標である自律性は、気づき、自発性、親密さの能力の3つを含み、このうち気づきとは、新生児のような純粋な感覚で「今、ここ」の刺激を知覚することを言います。本ワークショップでは、大会テーマの「感性を活かす」を受けて、感性を活かして気づく体験をしたいと思います。その際、心と身体は不可分であると考えるゲシュタルト療法の手法を用い、身体の声を聴くことで、今の自分に気づく体験をしてみましょう。本ワークショップが、新たな自分の気づきにつながることを願っています。

講師 室城 隆之(むろき たかゆき)
江戸川大学社会学部人間心理学科教授、国際TA協会准教授会員(心理療法)、臨床心理士。
大学卒業後、家庭裁判所調査官として非行少年の心理臨床に関わる傍ら、TA(交流分析)、精神分析的精神療法、ゲシュタルト療法を学び、現在国際TA協会准教授会員、日本TA協会理事であるとともに、日本ゲシュタルト療法学会の理事長。

※ワークショップ1と2が逆になっていましたので修正しました(5月10日)。

ワークショップ3「楽器グループ体験」
 一緒に楽器を鳴らしましょう。グループで楽器を使った活動を行います。コンクールや発表会ではありません。楽器経験の有無、音楽の好き嫌い(得意不得意)は気にしないでください。「今、ここ」で他の人と一緒にいる自分に注目しましょう。自分(立場、協調性、主張、思考、感情、行動等)を点検するもよし、自分なりの行動実験をするもよし。参加者皆様次第です。!!動きやすい服装でお越しください!!

満山 宏人(みつやま ひろと)
臨床心理士。こころのクリニックなります、心の風クリニック千葉、東京都中部精神保健福祉センター、総務省診療所、日本福祉教育専門学校勤務。面談、グループワーク、心理教育(講義等)に従事。

参加費
会 員  12,000円
非会員  15,000円
学 生  10,000円

パーティ  4,500円

★参加申込み方法
インターネットで申し込むか、フライヤーの申込書を用いて、下記事務局まで郵送またはFAXしてください。

インターネット申し込み

第31大会フライヤー2018

〒162-0851 東京都新宿区弁天町91番地
晴和病院 臨床心理室内 日本TA協会事務局  TEL / FAX 03-6822-2743

申込みについての注意事項
1. 締切 申込み・参加費振込ともに、2018年6月1日(金)までにお願いいたします。定員になり次第,締め切ります。
2. 入金が確認された時点で申込み完了とし、事務局よりメールまたは郵送にて参加証と地図をお送りします。
3. 一度振り込まれた参加費は、原則としてお返しできません。また、お申し出がない限り、振込時の受領証をもって領収書に代えさせていただきます。
4. お問合せ Eメール(info@taaj.or.jp)か、お電話(03-6822-2743)でお願いいたします。
(事務局の開室は、火金9:30~16:30です。)

★振込先(申込みの際,以下の中から一つを選んで,お支払いください。)

(1)銀行口座 三菱東京UFJ銀行 東中野支店  普通 0091571
特定非営利活動法人日本TA協会
(2)ゆうちょ振替票 記号番号 00170-8-354050
特定非営利活動法人日本TA協会

お問合せ Eメール(info@taaj.or.jp)かお電話(03-6822-2743)でお願いいたします。
(事務局の開室は、火金9:30~16:30です。)

  TA101基礎講座

 TATransactional Analysisアメリカ精神科医エリック・バーン博士によって創始されたパーソナリティに関する理論体系、かつ,それに基づいた心理療法あり,現代では,医療,教育,福祉,カウンセリング,人事教育,組織のコンサルテーションなどにも応用されています日本では「交流分析」とも呼ばれますTA101とは、国際TA協会によって認められたTAの基礎講座のことを言います101」とは、初心者向けの入門コースのことTAを仕事(心理療法,教育,職場内の円滑なコミュニケーション等)や日常生活に活かしたい方,TAの魅力をぜひ体験してください。

※TA101は,国際TA協会の規準に準拠し,有資格者の講師が12時間以上行い、修了証が発行されます。

日 時:2018年7月28日(土)10:00〜17:30(受付開始9:30),7月29日(日)9:30~16:30

会 場:新宿区立新宿NPO協働推進センター501会議室
東京都新宿区高田馬場4-36-12(JR高田馬場駅から徒歩15分,都営バス「小滝橋」バス停より徒歩4分)

講 師:満山かおる(晴和病院、国際TA協会准教授会員)

【講師紹介】 臨床心理士、国際TA協会准教授会員(心理療法)
早稲田大学卒業後、一般企業就職。その後、早稲田大学大学院文学研究科修士・博士課程で
故深澤道子氏に師事。虎の門病院、さちクリニック、晴和病院勤務。関連して、官公庁や一般企業
の健康管理室で勤労者の相談に従事。大学の非常勤講師として、主に異常心理学及び心理査定
を担当。現在、TAでは繁田千恵氏に師事。

参加費:26,000円(一般),22,000円(会員),13,000円(学生)
いずれもテキスト代含む。「TAベイシックス」(日本TA協会発行)をお持ちの方は,テキスト代1000円を差し引いた額をお振込み下さい。

定 員:20名(定員になり次第,締め切ります)

★参加申込み方法
インターネットでこちらから申し込むか、TA101フライヤー1807を用いて、下記事務局まで郵送またはFAXしてください。
申込み参加費振込み2018年714(金)必着です。

→郵送等でお届けしたフライヤーの一部に「2017年7月14日(金)」と書かれていますが誤りです。お詫びして訂正します。

★振込先(申込みの際,以下の中から一つを選んで,お支払いください。)

事務局で入金が確認され,申込み完了となった方にメールまたはハガキでご連絡します。

(1)銀行口座 三菱東京UFJ銀行 東中野支店  普通 0091571
特定非営利活動法人日本TA協会
(2)ゆうちょ振替票 記号番号 00170-8-354050
特定非営利活動法人日本TA協会

一度振り込まれた参加費は、原則としてお返しできません。また、申し出がない限り、振込時の受領証をもって領収書に代えさせていただきます。

〒162-0851 東京都新宿区弁天町91番地
晴和病院 臨床心理室内 日本TA協会事務局  TEL / FAX 03-6822-2743

お問合せ Eメール(info@taaj.or.jp)かお電話(03-6822-2743)でお願いいたします。
(事務局の開室は、火金9:30~16:30です。)

PAGETOP
Copyright © NPO法人日本TA協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.